北海道浜中町
魅力発見
Discover Hamanaka

冬の醍醐味!凍った湿原の上で「チカ釣り」体験

シェア

今回は、霧多布湿原ナショナルトラスト主導の冬の醍醐味、最高気温も氷点下になる12月以降、霧多布湿原の中を通る凍った琵琶瀬側の上で出来る「チカ釣り」体験をレポート。

湿原の中を通る琵琶瀬側、6月以降の春〜秋にかけてはこの川の中をカヌーやカヤックで遊ぶのが浜中町の遊びですが、12月中旬以降の冬にかけては、その川が凍るため、釣り体験を楽しむことができます。


【そもそも”チカ”ってどんな魚?】

本州の方にとっては”チカ”という魚は馴染みがないのではないでしょうか。

チカは、ワカサギと同属の魚です。なので、見た目はワカサギに似ています。

しかし、ワカサギとの違いは、ワカサギは淡水を好む性質を持つものの、チカは海水魚という違いがあります。また、チカは大きいと20cmくらいまで大きくなることがあり、ワカサギよりも少し大きいサイズの魚です。

チカが生息しているのは、主に、水温が低めな北国の近海。なので、北海道ではアクティビティや遊びとしてチカ釣りが盛んです。

チカは普段から近海に生息しているため、釣れる旬な時期は1年中に渡ります。

釣ったチカは刺身にしてもよし、グリルで焼いてもよし。けれど定番はやっぱり天ぷらと唐揚げ。

参考:「チカとは?北海道にも生息するその魚の生態と美味しい食べ方をご紹介!」(暮らしーの)https://kurashi-no.jp/I0015987


【〜を使ってロッド作り】

まずは湿原センターに集合して、ロッド(竿)作り。

湿原の裏の森から取ってきた木を使って作ります。

最初はのこぎりで15〜20センチほどの大きさに切り分け、穴を開けて棒を取り付けます。意外と硬いこの木。スタッフさんに手伝ってもらいながらなんとか完成しました。(笑)


【いざ霧多布湿原へ】

ロッドを作り終えたら、いよいよ霧多布湿原の中へ。冬の霧多布は、最高気温もマイナスなことがほとんど。頭のてっぺんから足の先まで冷え込みます。靴下を二重に履いて、長靴を履いても寒い寒い・・・。カイロ必須です。防寒具は、湿原センターにてある程度は借りることができます。風があるとより一層体感温度が下がるので、風を通さない生地の上着があるといいですね。

天然記念物に指定されている霧多布湿原、基本的にコア部分への立ち入りは禁止されていますが、一部区域は調査や観光のために立ち入りが許可されています。冬ならではのこの風景。誰もまだ立ち入っていない真っさらな雪の中を歩くのはとても新鮮。たまに鹿の足跡を見つけることもできます。

氷と雪に覆われた湿原の中を歩いていくとこんな風景も。

湿原の中を進むこと20分、ようやくチカ釣りスポットにたどり着きました。チカ釣りスポットに着いたら早速各自アイスドリルを使って穴を掘ります。

だいたいこんな感じ。結構分厚い氷でもあるので、一つの穴を開けるのに5分程度。氷に穴を空けれたら早速チカ釣り本番です。

チカ釣りに使用する餌は、

穴にエサを下ろしたら、あとはひたすら待つのみ。これが意外と辛い、けど楽しい。

極寒の寒さに耐えながら誰が一番最初に釣れるか競争です。エサさえつければ簡単に釣れるのでは、と思っていたものの、竿の動かし方にもコツがあるようで、地元の人に教えていただきました。

この時期は地元の人も釣りを楽しみにきている人が多く見られます。「今日は釣れましたか?」なんて話をしながら釣れたチカを分けてもらったり、撒き餌をしてもらったり。

そして、たくさんチカが釣れました。意外と大きい・・・・!(笑)

一度に2匹釣れる人もいれば、全く釣れない人も。「そっちの穴で釣らせて!」なんて言いながら、約1時間ほど釣りを楽しみました。

釣ったチカを持って湿原センターへと戻ります。

天気がいいときは雪の白さが反射して眩しいほど。冬ならではの霧多布の風景を楽しむこともでき、氷の上を滑ってみたり。


【釣った後はみんなで調理】

湿原センターの職員さんが、調理器具と油を用意して待っててくれています。

釣った新鮮なチカをすぐ調理。揚がったものは塩だけ軽く付けて鮮度の良さゆえの美味しさを楽しみました。極寒の中で冷え切った身体も、熱々の食事で温まりますね。

普通、魚を唐揚げにする場合は、中の内臓をとって衣をつけますが、釣ったそのままの姿で揚げても美味しいのがチカ。この時は、頭と内臓を少しだけとって揚げました。(笑)

北海道ならではのこの体験。

そして浜中町ならではのこの景色。釣りを楽しむのはもちろん、この時期ならではの動物たちも観察しながら楽しめるチカ釣り体験、冬の浜中町にきたら是非体験してみてくださいね。


【「ちか釣り体験」のご予約はこちらから(アソビューサイトに移行)】

「北海道・浜中町・ガイドツアー」浜中ならではの遊びに挑戦!冬のお楽しみツアー(NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト)

今すぐ予約できる!
浜中町の遊び・体験プランexperience plan

気分はアドベンチャー!人気のケンボッキ島ツアー

10月までの限定プラン!季節ごとに咲く花や、海鳥に出会えます。また、ガイドは歴30年のインストラクターが同行します。島までは船で移動!日常にはないスリリン...

北海道の豊かな自然を満喫しよう!サンセットカヌー体験

・夕凪ぎの夕漕ぎ、水面鏡に映る夕景を見ながら、カヌーの上でコーヒーが楽しめます ・ラムサール条約登録湿地でもある霧多布湿原でのサンセットカヌ...

霧多布半島を漁船で2時間コースのクルージング

・地元漁師だけが知る「霧多布半島の裏側」へ漁船でご案内します ・愛犬ハスキーのノースがお客様をお出迎えします ...

漁師に学ぶロープワーク!ガラス浮き球縄掛け(1個)

・縄かけのプロ!地元漁師がレクチャーするロープワーク体験 ・完成した作品は、当日お持ち帰りできます ・漁具とし...

浜中ならではの遊びに挑戦!冬のお楽しみツアー

・浜中町の長い冬を楽しむ様々なアクティビティをご提案します ・歩くスキーやチカ釣り体験、雪で冷やすアイスクリーム作りや焚き火など、冬の遊び方...

おすすめスポットを巡る!浜中ネイチャーツアー

・北海道の大自然を満喫!壮大な景色が目の前に広がります ・夏は花咲く湿原や昆布漁の風景、冬は凍てつく川や冬鳥を楽しめます! ・...

大自然を満喫!霧多布湿原トレッキングツアー

・湿原の感触や匂い、川の音、生き物の痕跡…「湿原ってどんなところ?」をじっくり体感できます! ・長靴を履いて湿原の中に入ります。冬は天候に合...

港から約10分!絶景の連続に感動の無人島ツアー

漁船に乗って出発!忘れられない景色の数々を見に行こう ペンションからすぐ近くの港から、漁船に乗って約10分。圧巻の姿に感動しながら、ケンボッ...

貴重な野鳥や動物に会える!霧多布湿原カヌーツアー

北海道の霧多布湿原をガイドと一緒に巡ろう! ・霧多布湿原内の琵琶瀬川(びわせがわ)で楽しむ約80分のカヌーツアーです ・ガイド...

水鳥の目線で楽しもう!霧多布湿原カヌーツアー

何度も来たくなる!静かな水音と雄大な景色に癒される2時間 北海道東部にあり、花の湿原として知られる霧多布湿原。湿原のほぼ中央を流れる琵琶瀬川...

アクセスaccess

浜中町までのアクセス方法