北海道浜中町
魅力発見
Discover Hamanaka

浜中町の歴史を知るならココ「郷土資料展示室」

シェア

浜中町の歴史を知るならここ!ということで、今回は浜中町総合文化センター(以下:「文化センター」)内にある「郷土資料室」をご紹介。

こちらが霧多布地区、浜中町役場前にあるのが文化センターです。

浜中町は「ルパン三世」の作者であるモンキーパンチ先生の故郷、ということで外の窓にも「ルパン三世」のキャラクターたちがデザインされています。

また、エントランスホールには「ルパン三世」の漫画の原稿など、貴重な資料が展示してありますよ。

そして、さらに奥に進むとみえてくるのが、「郷土資料展示室」です。

ここ、郷土展示資料室は、約30年前総合文化センターが建設された時に、浜中町の開拓〜現在に至る歴史を保存、展示する目的で設営されました。普段は自由解放されていませんが、展示室を見学したい時は、入り口の窓口にて受付ているとのことです。

入ると、「タンチョウ」のオブジェクトがお出迎え。浜中町でも最近は様々なところでタンチョウを見かけることができますが、遠くからしか見ることが多いので、オブジェクトで大きさを体感するとびっくり。意外と大きいのです。

タンチョウは、国の天然記念物にも指定されており、道東でしか見ることのできない、日本の生息する野鳥の中でも最大級と言われる大きさをもつ鳥と言われております。「タンチョウ」は、感じだと「丹頂」と表記しますが、「丹」は「赤」という意味、「頂」はてっぺんという意味で、タンチョウの頭をよく見ると、てっぺんが一部赤くなっていることから、この名前がつけられたと言います。

最初は、縄文時代から。実は、ここ浜中町では旧石器時代の資料が発見されていません。おそらく、海岸が当時はもっと後退していたため、現在見つけようと思うと海の中を探さなければならないという。なので、浜中町の歴史は縄文時代以降から展示されています。

縄文時代から、自然と共生する生活を営み、食料調達の方法としては狩猟採集が主な手段でした。ここにも、当時使われていたであろう土器が展示されていますが、これらの土器は琵琶瀬展望台付近、そして散布小学校裏あたりから出土したものだと言います。

そして北海道の歴史で欠かせないのが、「アイヌ文化」。

アイヌ文化時代は、寛政蝦夷騒動(1789年頃)までを言います。浜中町には、有力な人物はいなかったと言われていて、アイヌ文化が栄えていた頃には、特に大きな闘争もなかったとのこと。アイヌ文化時代の食料とされていたエゾジカの骨や木炭、マレック(鈎銛)の鉄片などが展示されています。

そして、松前藩成立以前の霧多布から、浜中町に「キリタップ」が誕生した歴史について。松前藩による支配が開始され、この頃から松前藩への抵抗として紛争が続くようになります。

壇上にいるのが倭人、手前と右手に大勢いるのがアイヌの人々です。上下関係がはっきりしていたことがわかりますね。顔の描き方も全く異なるのがとても興味深いです。

そして、アイヌの文化の歴史に加え、浜中の漁業・農業・商業の歴史もここで知ることができます。

そして、何と言っても面白いのは捕鯨の歴史。明治から大正にかけては中心産業としてニシン漁が盛んでしたが、次第に不漁が続くようになりました。そしてニシン漁に変わって始まったのが捕鯨でした。1925年に近隣地域との競争に勝って誘致した捕鯨会社によって景気が回復、関連産業も発展し、浜中全体の振興に寄与しました。

漁に関する、様々な道具がみれたり。

そして、昔の暮らしを再現したものを体感することもできます。

奥の方にあるタンス、がっちり金具で固定されているのがわかります。こちら「舟箪笥(ふなだんす)」と言うそうで、舟に乗せて物を運ぶ際に、壊れないよう、このように頑丈な作りにされていたと言います。北前船ではよくこの箪笥を見ることができたそうです。

そして、農業・商業に関係する様々な道具も展示されています。

当時、店舗で使われていたレジスターもあったり。

そして、浜中町の歴史でもう一つ外せないのが、「津波」の歴史です。

浜中町は過去に何度も津波の被害を受けており、その被害を受けた証拠でもある地層は、湿原センターでも実物を見ることができます。

1952年の十勝沖地震、1960年のチリ沖大地震では大きな被害を受け、漁船や家屋などが破壊されるなどし、当時の津波被害の写真などを眺めることができます。

詳しい浜中町の歴史は、こちらの「浜中町史」でも知ることができます。こちらは、役場での購入が可能で、町民価格と一般価格がありますので、気をつけてくださいね。

実は、アイヌ文化も捕鯨文化も盛んだったこの浜中町。そして、津波によって何度も被害を受けながらも発展してきた浜中町の歴史。

浜中町にきた人は是非郷土資料展示室に足を運んで、知れば知るほどハマってしまう、この魅力にどっぷりと浸ってみてくださいね。


「浜中町役場 浜中町総合文化センター」

〒088ー1553

北海道厚岸郡浜中町霧多布西三条1丁目47

電話番号:0153ー62ー3131

<アクセス>

茶内駅から車で約15分

厚岸から車で約45分

くしろバス「役場前」徒歩1分

今すぐ予約できる!
浜中町の遊び・体験プランexperience plan

気分はアドベンチャー!人気のケンボッキ島ツアー

10月までの限定プラン!季節ごとに咲く花や、海鳥に出会えます。また、ガイドは歴30年のインストラクターが同行します。島までは船で移動!日常にはないスリリン...

北海道の豊かな自然を満喫しよう!サンセットカヌー体験

・夕凪ぎの夕漕ぎ、水面鏡に映る夕景を見ながら、カヌーの上でコーヒーが楽しめます ・ラムサール条約登録湿地でもある霧多布湿原でのサンセットカヌ...

霧多布半島を漁船で2時間コースのクルージング

・地元漁師だけが知る「霧多布半島の裏側」へ漁船でご案内します ・愛犬ハスキーのノースがお客様をお出迎えします ...

漁師に学ぶロープワーク!ガラス浮き球縄掛け(1個)

・縄かけのプロ!地元漁師がレクチャーするロープワーク体験 ・完成した作品は、当日お持ち帰りできます ・漁具とし...

浜中ならではの遊びに挑戦!冬のお楽しみツアー

・浜中町の長い冬を楽しむ様々なアクティビティをご提案します ・歩くスキーやチカ釣り体験、雪で冷やすアイスクリーム作りや焚き火など、冬の遊び方...

おすすめスポットを巡る!浜中ネイチャーツアー

・北海道の大自然を満喫!壮大な景色が目の前に広がります ・夏は花咲く湿原や昆布漁の風景、冬は凍てつく川や冬鳥を楽しめます! ・...

大自然を満喫!霧多布湿原トレッキングツアー

・湿原の感触や匂い、川の音、生き物の痕跡…「湿原ってどんなところ?」をじっくり体感できます! ・長靴を履いて湿原の中に入ります。冬は天候に合...

港から約10分!絶景の連続に感動の無人島ツアー

漁船に乗って出発!忘れられない景色の数々を見に行こう ペンションからすぐ近くの港から、漁船に乗って約10分。圧巻の姿に感動しながら、ケンボッ...

貴重な野鳥や動物に会える!霧多布湿原カヌーツアー

北海道の霧多布湿原をガイドと一緒に巡ろう! ・霧多布湿原内の琵琶瀬川(びわせがわ)で楽しむ約80分のカヌーツアーです ・ガイド...

水鳥の目線で楽しもう!霧多布湿原カヌーツアー

何度も来たくなる!静かな水音と雄大な景色に癒される2時間 北海道東部にあり、花の湿原として知られる霧多布湿原。湿原のほぼ中央を流れる琵琶瀬川...

アクセスaccess

浜中町までのアクセス方法